吉田食品

PC版

吉田食品

PC版


吉田のこだわり

肥沃な大地が育てた大地の恵み

豆の産地として名高い厚沢部(あっさぶ)で育てられた大納言や黒豆、 上品な甘さが特徴の有機栽培カボチャや濃厚な味わいのユリ根のほか、函館産昆布、 日本で初めて西洋リンゴが栽培され、近代農 業発祥の地とされている七飯町のリンゴ、 自家栽培された食物繊維たっぷりのヤーコンといった果物や野菜の個性を活かし、 特徴あるお菓子作りをしております。

天然ミネラルを豊富に含んだ海の恵み

栄養豊かな函館の海が育ち、函館近郊でしか採ることが出来ない “昆布の横綱”とも呼ばれる真昆布、そして今話題の健康成分として注目を集める フコイダンを多く含んだガゴメ昆布などを使った お菓子があります。 後味に、ほのかに感じる磯の香りが、甘さと相まって絶妙なアクセントに。 普段の食生活からはなかなか摂取しづらいビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富なのに低カロリーで、 美容にも健康にも良い昆布入りス イーツを、ぜひお試しください。

地元食材で作った優しい味わいの和スイーツ

地産地消にこだわり、北海道産バターやクリームチーズ、生クリームと共に、 道南食材の魅力と美味しさを詰め込んだスイーツの数々。 低カロリースイーツとして注目を集めている伝統的な和菓子のほか、 こだわりの詰まった創作和スイーツまで、大人も子どもも笑顔になる 美味しいお菓子を、日々作り出しています。 北海道の魅力をぎゅっと詰め込んで、お客様に笑顔をお届けします。

吉田食品

PC版


製品紹介

老舗ならではのこだわりぬかれた銘菓の数々
四季折々のうつろいを確かな味で

和菓子の命、ともいえる素材。おいしく、体にやさしいお菓子を作るためこの「素材」にこだわりました。作物自身の持つ生命力によって力強く育成した「生きた素材」。体にやさしく、おいしいお菓子。丹精こめたお菓子をぜひご堪能いただければ幸いです。

生菓子
老舗菓子が創作する口どけ滑らかな上品な味わい
焼き菓子
道産牛乳から作られた、バターや生クリームがたっぷり
季節のお菓子
期間限定でお出ししている、四季と旬を味わう創作菓子
冠婚葬祭
おもち・お菓子

吉田食品

PC版


イベント情報

吉田食品

PC版


会社概要

代表あいさつ

昭和17年創業者吉田耕がせんべい、干菓子の製造販売をはじめる。
昭和27年に合名会社 吉田食品設立 和菓子、洋菓子・パン製造卸小売業を営む。
平成4年2代目吉田信之が代表就任
平成22年に株式会社 吉田食品に組織変更し3代目代表に吉田貴之が就任しました。
現在は、本社菓子製造工場、直売店、インターネット店、販売エリアを全国に広げております。
2015年11月に新工場移転、2016年3月01日新店舗オープン予定中です。

私たちは北海道の味、地産地消のお菓子作りと原材料の選定、製造技術の革新、安全管理、サービスなど全てにおいて日々発展し質の向上を目指しお菓子を通じて四季の行事、日本古来の文化、風習を伝え真心込めた菓子で人々に笑顔を届けます。
また環境保全、リサイクルの推進に積極的に取り組み、地域経済への貢献を致します。

代表取締役 吉田貴之

経営理念

・真心込めたお菓子づくりを通しお客様に感動と笑顔を届けよう
・挨拶を大切にし、明るく楽しい職場づくりを目指そう
・日々の研鑽を怠らず、おごらず、あきらめず革新しつづけよう
・すべての人、もの、環境、社会に感謝しよう
・自分たちに何ができるかを考え地域社会に貢献しよう

会社概要

商号
株式会社 吉田食品
所在地
北海道函館市高盛町16番9号
代表者
昭和17年3月昭和27年3月合名会社に組織変更
平成22年8月株式会社に組織変更
資本金
1000万円
代表者
代表取締役社長 吉田 貴之
役員
取締役会長 吉田 信之
従業員数
26名
事業内容
製菓・製パン卸小売り
取引先銀行
北洋銀行 函館中央支店北陸銀行 函館支店
主要取引先
コープさっぽろ、イトーヨーカ堂、ラルズ、ダイエー、マックスバリュ、セイコーマート、その他
店舗
■本店工場・直売店
北海道函館市西桔梗町851番地8
TEL0138-83-1784 FAX0138-83-1785
支店
■イオン湯川催事店
北海道湯川町3丁目14番5号
■イトーヨーカ堂函館店催事店
北海道函館市美原1丁目3番1号
Eメール
info@o-kashi-yoshida.com
業務内容
菓子製造販売、スーパー、コンビニ、百貨店などへの卸販売、 お土産品、各種行事用引き菓子、盆菓子、落雁、お供物などの製造

吉田食品

PC版


お問い合わせ